酵素ドリンクとグリーンスムージーの違いは何?

近頃、きれいだなぁって思うモデルさんはみんなグリーンスムージーを飲んでいると
話していますよね。

グリーンスムージーと酵素ドリンクって何が違うの?
って思ったことがある方も少なくないと思います。

グリーンスムージーとは、生の野菜や果物に水を加えてブレンダーで混ぜ合わせたドリンクですね。

それに対して酵素ドリンクは、野菜や果物、海藻や野草などから
その栄養分を抽出して酵母や酵素の働きで発酵させたドリンクです。

最近は、この酵素ドリンクで健康を維持している人や、ダイエットに成功したという
芸能人の話しを耳にすることも多くなりました。

ですからなおさら、この二つの違いが気になりますよね。

その大きな違いが発酵させているかどうかということになります。

酵素ドリンクは発酵させているから素材がもつ栄養や酵素だけでなく
乳酸菌や麹菌などの体にさまざまな効果がある菌がたくさん含まれているから、
酵素自体もグリーンスムージーより多く含まれています。
だから酵素ドリンクはグリーンスムージーと比べて効果が大きいということなんです。

とはいえ、グリーンスムージーと酵素ドリンクを使い分けて飲むのも良さそうですよ。

たとえば、朝は食事をとらないという人はグリーンスムージーだけでも飲むことで
栄養のバランスが整っていて腹持ちもいいので嬉しいですね。

そして、昼や夜、食事の前に酵素ドリンクを飲めば健康的にダイエットも可能ですよね。

また、自家製のグリーンスムージーに酵素ドリンクをミックスして飲むという
飲み方をしている人もいるようなので試してみたいですね。